サロン日誌(16.08.25)

2016.08.28 Sunday
 


【講義】

駒落ちの指し方 【6】角落ち(3)

角落ちの3回目。駒組みのおさらいです。前回と異なり、上手は△8五歩を保留。△8五桂からの攻めを含みに、△6二飛(1図)と6筋に狙いを定めました。

(1図は△6二飛まで)


1図からの指し手
▲4五歩  △同 歩  ▲3五歩  △同 歩  ▲同 角  △3四歩
▲5七角(2図)△4三金  ▲1六歩  △1四歩  ▲7九玉  △9四歩
▲8八玉  △9五歩  ▲3七桂  △2二銀  ▲4五桂  △4四銀
▲4六銀  △6一飛(3図)

▲4五歩から角をさばき▲5七角(2図)。えっ!今日は(▲2六角ではなく)▲5七角ですか! なるほど△8五桂▲8六銀△6五歩の攻めをケアしている(6六〜8四方面に利かせておく)のですね。原田泰夫九段の「臨機応変、現場処理」を思い出しました。

(2図は▲5七角まで)


以下下手は玉を入城し、右桂を使います。△6一飛(3図)は▲8四角が飛車に当たらないようにしたもの。あまり冴えた手ではないようです。さあ憂いなく攻めましょう。

(3図は△6一飛まで)


3図からの指し手
▲3五歩  △同 歩  ▲1五歩  △同 歩  ▲3三歩  △同 桂
▲同桂成  △同銀上  ▲4五歩  △5三銀  ▲4四桂  △同銀右
▲同 歩  △同 金  ▲3五銀(4図)にて下手優勢

▲3五歩〜▲1五歩が名調子。以下自然な攻めで4図となれば下手十分でしょう。

(4図は▲3五銀まで)


【自由対局】







 

宿題(16.08.25)


●必至(3手必至)


●詰将棋(7手詰)
 

手合係は見た【39】

2016.08.22 Monday
 


【39】昇段・昇級について

ある受講者から表題のおたずねがありました。最近来場されていない方だったので、「それなりにサロンにいらして、それなりに勝っていただくことでしょうか」と答えましたが、言葉足らずだったかもしれません。ここに補記したいと思います。

●入会時の段級の申請・認定

自己申告が基本です。他の道場で指している段級があれば、そちらをお示し下さい。「私は初段です!」とおっしゃる方に、「いいえ違うでしょう」と答えるはずもありません(笑)。不明の方は、サロンで数回指していただいた結果から、当座の棋力が認定されます。

●サロンにおける昇段・昇級

・対局結果(戦績)
サロンでの対局結果は半年ごとに集計され、佐伯先生がこれをもとに「総合的に判断して」決めておられるようです。上位者に勝ち越したとか、ある人には負けていないとか、特定の案件で決まるものではないことをご承知下さい。

・勝率顕著
勝率が明らかに抜きん出ている方は、(半年を待たずに)それ相応の段級に上がっていただきます。

・その他
他の道場で昇段・昇級された方が、そのままサロンの段級として適用されたことがありました。

スナップショット

(図は△2四歩まで)


久しぶりに来場された玉子王子さんと指しました。▲7六歩△3四歩▲7五歩の出だしから、私は退嬰的な相振り飛車へ。▲8五桂はかなり前に指されたもので、長い駆け引きがありました。

図から玉子王子さんは▲9三桂成を決行。以下△同桂▲9四歩△6四桂▲7九飛△5六桂は、やや後手ペースでしょうか。しかしその後の私は急所を外しまくりでした(笑)。

(手合係は見た 目次はこちら

 

佐伯九段の盤寿を祝う会(16.10.06)

2016.08.14 Sunday
 


今週正式な案内状を送付しました。以下により転載します。

各位
2016年8月吉日

佐伯九段の盤寿を祝う会 開催のご案内

謹啓 残暑の候、皆様におかれましてはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
さて、このたび佐伯昌優九段が盤寿を迎えられました。誠におめでとうございます。
棋士にとっての最高最大の慶事に当たり、日頃の感謝を込め、ささやかなお祝いの会を企画いたしました。
ご多忙中とは存じますが、どうかご参加賜りたく、下記によりご案内申し上げます。 敬具

「佐伯九段の盤寿を祝う会」実行委員会
代表幹事:大野勝吾 藤本欣吾 松下淑子
企画協力:原田浩光
(「佐伯九段将棋サロン」受講者有志)



●とき
2016年10月6日(木) 13:00〜16:00
(受付12:30より)

●ところ
湘南クリスタルホテル 5Fボンヌ・シャンス
藤沢市南藤沢14-1 電話:0466-28-2111
(藤沢駅南口徒歩5分)※地図別紙

●会費
10,000円(当日会場にて申し受けます)

●内容
盤寿祝いセレモニー
着席会食
アトラクション(トークショー、名局解説、抽選会、他)

●参加者
佐伯九段将棋サロン受講者
佐伯九段関係者(門下棋士、家族、友人、他)

●参加申込
事前申込制
参加を希望される方は、以下のいずれかの方法によりお申し込みください。
‥渡辰泙燭廊▲侫.ス (略)
▲侫.スの場合は、別紙フォーム(略)にご記入の上ご送信ください
E纏劵瓠璽襦s9ss@hotmail.co.jp
※準備の都合上、9月10日までにお知らせ願います

●連絡先
(略)

【会場へのアクセス】


【電車】 JR、小田急、江ノ島電鉄「藤沢駅」(南口)より徒歩5分
【車】 横浜新道戸塚I.C.より国道467号線経由15km(約30分)※駐車場30台完備

【佐伯昌優(さえき・よしまさ)九段 略歴】
1936年8月4日、鳥取県赤碕町(現・琴浦町)出身。
坂口允彦九段門下。棋士番号79。1952年、奨励会入会。1959年、四段昇段。
順位戦B級1組通算5期。2002年、引退。2007年、九段。
弟子に、中村修九段、北浜健介八段、斎田晴子女流五段、高橋和女流三段、中村真梨花女流三段がいる。
「佐伯九段将棋サロン」ウェブサイト http://s9ss.jugem.jp

【盤寿(ばんじゅ)とは】
将棋界でいう半寿のこと。数え年で81歳。
【盤寿の由来・語源】
将棋盤のマス目の数が9×9の81個あることから、将棋の世界では「半寿」を「盤寿」というようになった。
それが一般にも広まり、「半寿」の代わりに「盤寿」が用いられることもある。(由来・語源辞典)

【佐伯九段と同年代(1936年生)の棋士】
伊達康夫八段、佐藤大五郎九段、芹沢博文九段、河口俊彦八段(いずれも故人)
【佐伯九段と同年代(1936年生)の主な著名人】
長嶋茂雄、福田康夫、横尾忠則、立川談志、里見浩太郎、北島三郎、市原悦子

 

サロン日誌(16.08.11)

2016.08.14 Sunday
 


【講義】

駒落ちの指し方 【6】角落ち(2)

前回のおさらいをしながら1図へ。ここから二通りの解説がありました。まずは「下手攻める」の巻。

(1図は▲2六角まで)


1図からの指し手(1)
△9五歩  ▲3七桂  △3三桂  ▲3六銀  △2二銀  ▲3五歩
△同 歩  ▲同 銀  △3六歩  ▲4四歩  △4二金  ▲2四歩
△同 歩  ▲同 銀  △2三歩  ▲3五銀  △3七歩成 ▲同 角
(2図)にて下手有利

▲3五歩から開戦。△3六歩が見えるのでためらいたくなりますが・・・。▲4四歩△4二金を決め、堂々と▲2四歩ですか。以下2図まで進めば、桂損でも次の▲3四歩が受からないと。実に味わい深い手順ですね。なお△2四同歩に代えて△3七歩成も▲同角△2四歩▲同銀△2三歩▲3五銀で2図に合流します。

(2図は▲3七同角まで)


1図からの指し手(2)
△6五歩  ▲同 歩  △同 桂  ▲6六銀  △8六歩  ▲同 歩
△8五歩  ▲同 歩  △8六歩  ▲7五歩  △8五飛  ▲7六金
△8一飛  ▲8五歩(3図)にて下手有利

次に「下手受ける」の巻。図から△6五歩は無理筋とのこと。下手は恐がらずに受けましょう。△8六歩からの継ぎ歩には▲7五歩が好手です。

(3図は▲8五歩まで)


△8六歩に代えて△7七歩も▲同桂△同桂成▲同銀△6五桂▲6八銀△6六歩▲同金△7七歩▲7九金(4図)と丁寧に応接すれば耐えていますね。次は▲6七金〜▲6六歩の要領です。

今日のまとめ。角落ちはやはりそれなりの力が必要とされる手合いなのですね。

(4図は▲7九金まで)


【自由対局】









 

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

サロンの概要

受講者随時募集

女性・初級者歓迎
見学もお気軽に


師範
佐伯昌優(さえき・よしまさ)九段
指導員 遠藤三郎アマ六段

会場
フジサワ名店ビル 7階Bホール
JR・小田急藤沢駅南口2分

日時
第2・第4木曜日 13時〜17時

料金
入会金 2,000円
月謝 3,000円

対象
一般(年齢・性別・棋力は問いません。実力に応じて指導します)

内容
大盤で解説/指導対局もいたします/自由対局

備考
現在、30〜80歳代の男女半々の20数名の方々が、初心者〜有段者まで、棋力に合った楽しみ方をしています。(サロンの様子はこちら

お問い合わせ
E-mail s9ss@hotmail.co.jp
TEL 0466-82-9317

カテゴリ

表示されている記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

管理人おすすめサイト

新着コメント【承認制】

電脳班プロフィール

その他

モバイル

qrcode

広告