サロン日誌(19.02.14)

2019.02.17 Sunday
 


【講義】

先日神奈川新聞に連載された高木三段vs守屋三段の解説がありました。見どころ満載につき、受講者から多くの質問やコメントが飛び交いました。

(1図は△4九とまで)


1図からの指し手
▲5三桂  △4二金  ▲5二金  △7三角  ▲5五銀  △3一金
▲4二金  △同 玉  ▲6四銀打 △4八と(2図)▲7三銀成 △2八金
▲同 玉  △3九飛成 ▲3七玉  △3八竜まで守屋三段の勝ち

終盤の寄せ合い。双方すでに60秒の秒読みです。1図で私が先手なら・・・パニックになっていますね。(あれっ△2八金から結構危ないなあ)(えっ向こうも相当でしょう)などなど、考えがまとまらないまま▲4四桂と打ってしまいそう。△同歩▲4三銀△同玉▲5五桂△5四玉・・・詰め損ねて負けていますね(笑)。

実戦の▲5三桂は詰めろでもやや薄い感じ。代えて▲5二銀や▲3五桂がまさったようです。この辺りはもう指運としか言いようがありませんね。

途中2図では▲2二飛!以下の詰み筋がありました。(観戦記で高野記者が示された)。こんな手で勝てたら一生の自慢になりますね。ともあれ素晴らしい熱局でした。お二人ともお疲れさまでした。

(2図は△4八とまで)


(投了図は△3八竜まで)


【自由対局】







 

宿題(19.02.14)※訂正あり


●必至(1手必至)
※訂正 玉方3四歩を加えました。


●詰将棋(7手詰)

 

観戦記始まりました(19.02.05-)

2019.02.05 Tuesday
 


既報のとおり、今日から神奈川新聞の将棋欄で、高木昭三段vs守屋信行三段の連載が始まりました。高木さんの中飛車に守屋さんは引き角で対抗。この日のために練ってきた作戦とのことです。



皆さま、お誘い合わせの上、ご購読のほど宜しくお願いいたします。新聞読むなら、神奈川新聞。

 

観戦記掲載のお知らせ(19.02.05-)※追記あり

2019.01.26 Saturday
 

1月24日のサロンに、神奈川新聞社の高野悟志記者が来訪され、当サロン及び自由対局(観戦記)の取材が行われました。掲載される対局は、高木昭三段vs守屋信行三段。序盤の駆け引きから終盤の寄せ合いまで、見どころ満載の熱戦だったようです。

神奈川新聞の掲載は2月5日(予定)からのこと。皆さま、お誘い合わせの上、ご購読のほど宜しくお願いいたします。

※追記(2/8)
取材当日の裏話?を、高野記者が連載コラムで取り上げてくださいました。以下ご参照を。

将棋のはなし(93)説明できない師匠の存在感|カナロコ|神奈川新聞ニュース


(高木三段)


(守屋三段。左は戦況を見守る高野記者)
 

サロン日誌(19.01.24)

2019.01.26 Saturday
 


【講義】



必至のミニ講座がありました。正解及びそれにともなう変化や紛れなど、詳しい解説がありました。解答は省略。手抜きですみません。(参考「平成30年度 創作必至特集号供廖

問1


問2


【自由対局】

神奈川新聞社の高野悟志記者が観戦記(Tさん vs Mさん)の取材で来場されました。終盤までスリリングな戦いが続いたようです。


(観戦記対局。中央は高野記者)







 

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

サロンの概要

受講者随時募集

女性・初級者歓迎
見学もお気軽に


師範
佐伯昌優(さえき・よしまさ)九段

会場
フジサワ名店ビル 7階Bホール
JR・小田急藤沢駅南口2分

日時
第2・第4木曜日 13時〜17時

料金
入会金 2,000円
月謝 3,000円

対象
一般(年齢・性別・棋力は問いません。実力に応じて指導します)

内容
大盤で解説/指導対局もいたします/自由対局

備考
現在、30〜80歳代の男女半々の20数名の方々が、初心者〜有段者まで、棋力に合った楽しみ方をしています。(サロンの様子はこちら

お問い合わせ
E-mail s9ss@hotmail.co.jp
TEL 0466-82-9317

カテゴリ

表示されている記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

管理人おすすめサイト

新着コメント【承認制】

電脳班プロフィール

その他

モバイル

qrcode

広告