新型雁木について 〜京急将棋まつり二日目(17.08.12)超遅レポート〜


最近、相居飛車戦で雁木の将棋がよく見られるようになりました。

サロン日誌(17.08.24)で取り上げられたNHK杯の▲中村修vs△行方の将棋は先手雁木の出だし、同NHK杯の▲深浦vs△増田康は後手雁木でした。そして、先日の王座戦第一局では後手の羽生王座が雁木を採用しました。また、10月3日発売の将棋世界2017年11月号では、雁木の特集が予告されていますので、気になる方は要チェックです。

今さらですけど、今年の京急将棋まつりの二日目で、上野五段が「なぜ雁木は流行しているか」というテーマでミニ講座をされておりまして、大変タイムリーで勉強になった企画でしたので報告します。

(「将棋モード学園」講師の上野五段(左)と助手の中村九段(右))


まず上野五段は従来の雁木と新しい雁木の違いを以下の仮想図に示します(後手側が雁木)。

(従来型雁木)


・4三銀+5三銀型に右四間飛車で攻撃的な構え
・角交換を避ける為に、角は2二か8四に据える

(新型雁木)


・4三銀+6三銀型で、従来型と比べて穏やか
・△6五歩▲同歩△同桂から仕掛ける

雁木がなぜ流行しているかの理由として、上野五段は次のように分析していました。
・矢倉の7七銀(3三銀)が桂に当たりやすい(矢倉と相性が良いということでしょうか?)
・コンピュータ将棋ソフトがこの形をよく用い、優秀性が認知されるようになった
・従来型と違って角交換を恐れない(角打ちの隙が無い)ので△3三角と上がることが出来る

あと、増田康四段の「矢倉は終わった」発言も取り上げられていました(詳しくはマイナビ将棋情報局のインタビュー参照)。

プロ棋戦の代表例としては、▲西尾vs△脇(2016年度C2順位戦)と▲藤井聡vs△増田康(2017年度竜王戦決勝T)を挙げていました。この戦型において増田康四段はキーマンですね。

相居飛車戦において後手の工夫が求められており、新型雁木は救世主になる可能性があるとのこと。自分も試しに指してみようと思います。

【おまけ】
上記の将棋まつりのメインイベントとして、斎藤慎太郎七段と中村太地六段の席上対局が行われたのですが、上野講座を受けてファンサービスでしょうか、斎藤七段が初めて新型雁木を採用しました(下図)。

(図は△5二金まで)


結果は先手が勝ち、王座戦挑戦を決めていた中村六段に、斎藤七段がエールを送る形になりました。これが王座戦第一局で中村六段に勝利をもららしたのかは分かりませんが、雁木で繋がって個人的には面白かったです。

(対局終了後、シャッターサービスとして目線を送る両対局者。左下は解説の勝又六段)

 

ウィンドウズ10


皆さんオハコンバンチワ無敵囲いです。
ウィンドウズ10実装されましたね、インターネットをみる際に使用されているエクスプローラーが変更されたようです。インターネットエクスプローラ(以後、IE)と言うので今まで見られたのですけどマイクロソフトエッジと言うものに切り替わりました。マイクロソフトのダウンロードセンターでIEを落としてインストールしようとすると弾かれてしまいます。
ま、互換性がないと言うことみたいです。なぜ、こういう記事を書いているかと言いますと今回から本格的に採用されているマイクロソフトエッジはJAVAと言うプログラム言語に対応していないからです。それで?と思った方は正しいです^^;ただ、将棋倶楽部24のプログラムはJAVAで作られているのでマイクロソフトエッジでは起動しません、なので早まってウィンドウズ10を私みたいにインストールした方はファイアーフォックス(fire fox)と言う無料のIEの類似版がありますのでそちらで対応されると良いかもしれません。
 

自戦記>無敵囲い(相振り飛車)


皆さん、オハコンバンチワ無敵囲いです。如何お過ごしでしょうか?
最近、フェイスブックでお知り合いになった方が開いている将棋道場「棋心(きごころ)」
と言う道場に言って来ました。招待されていたのでいつか顔出そうと思い行って来ました。
手合いは全て振り駒、持ち時間は15分切れたら30秒と言う将棋でした。
コンテンパンに伸されて空中分解しそうな将棋をなんとか棋譜にしています^^;
アマにもこんな将棋があるんだなと思いました。そういう意味では佐伯九段将棋サロンの素晴らしさを
実感できる1日でした。なんとか壊れそうな将棋を指して上手く指せた将棋があったのでアップします。
▲7六歩    △3四歩    ▲6六歩    △3二飛    ▲7八銀    △6二玉
▲6七銀    △5二金左  ▲7七角    △4二銀    ▲8八飛    △8二銀
▲8六歩    △7二玉    ▲8五歩    △6二金上  ▲3八銀

*ここで4八玉とか先にあがると美濃囲いにしにくいので先に3八銀とします。
3筋の歩伸ばされて△5五角とか気になりますがこちらはまだ玉が動いていないので
6八玉とかして左玉みたいな指し方もあるかと思います。(そういう変化になったら5五角は受けてくださいね^^)
-----あくまでもそう言うのも考えておきたいと言う事です。------

 △3五歩▲4八玉    △3六歩    ▲同 歩    △同 飛    ▲3七歩    △3四飛
▲3九玉    △3三角    ▲9六歩    △9四歩    ▲5八金左  △1四歩
▲7五歩    △4四歩    ▲8四歩    △同 歩    ▲同 飛    △8三歩
▲8六飛    △4三銀    ▲6五歩    △5四銀    ▲7六銀    △4五歩▲2八玉


*角交換が想定されるので2八玉としました。この手は凄く重要な手になってきます。
角交換したあとに再度相手から角を打たれて6七金とか受けた際に△4六歩が結構いい手になることが多いです。
それに備えての2八玉です。

△1五歩    ▲6四歩    △同 歩    ▲8五銀    △7七角成
▲同 桂    △3三角    ▲6七金 

*この時に3九玉型だと形がかなり悪いと自分は思ってます。
飛車の横利きがあるのでこの局面での4六はやりにくいですかね?ま、いずれにしろ
3九玉型だと飛車がいなくなると出てくることが予想される1手ですね。

△1三桂    ▲7四歩    △同 歩▲8四歩    △同 歩    ▲同 銀    △8三歩   
▲同銀成    △同 銀▲8四歩    △同 銀    ▲同 飛    △8三銀    ▲8六飛   
△8四歩▲4一角    △2四飛    ▲3二角成  △4四角    ▲6五歩    △同 歩
▲同 桂

*こう言う派手な手はあまりいい手では無いように思えますw
本譜でも6四歩と指されましたが▲7三歩に玉が逃げるようなら

▲3三銀を考えていました。
以下△同角▲同馬△6五歩としたら▲6四歩など考えてみたいですね。

△6四歩    ▲7三歩    △同 桂    ▲同桂成    △同 玉
▲3六桂    △9九角成  ▲2四桂    △同 歩    ▲8一飛    △2五桂
▲7一飛成  △7二香    ▲4一馬

*詰めろの従妹ですね。▲5二馬と金を取る手が詰めろなんで何か受けないとダメなんですけど、
相手は受けてくれませんでした^^;ま、ここまで来ると先手勝勢ですね。

△4四馬    ▲5二馬    △同 金▲8二銀    △6三玉    ▲7三金

*最後は簡単な寄せだったかと思います^^
久々に良い棋譜が取れました。最後までお付き合い頂き有難うございました。

 

嫌いな中飛車穴熊>自戦記(無敵囲い)


皆さんいかがお過ごしでしょうか?大変ご無沙汰してます。無敵囲いです。
最近は5分でも良いので詰将棋を解いてます。その会があったのかどうかは定かではありませんが
比較的調子が良いですね^^将棋倶楽部24のレーティングも、もう少しで9級に戻れそうです。
ま、将棋は相手があっての勝負事ですのでそんなに上手くはいきませんw
さて、タイトルにも書きましたが誰が考えたのか知らないけど中飛車穴熊は嫌いじゃw
そーです察しの通りw最初に言っておきますが負けましたw
中盤以降の構想力が問われる将棋になり、最後もグダグダの受けにすらなってない形になり完敗。


▲3六歩と突いた局面で後手(私)5五銀▲3五歩△5四飛車▲3六飛車となり、うーむw
▲3六飛車は見えてなかったですね。見えていたら△同歩でも良かったかもしれません。
相手の方手がよく見えてますね(感心)
開始日時:2015/05/15 12:29:41
棋戦:レーティング対局室
手合割:平手先手:対局者様 後手:無敵囲い
手数----指手---------消費時間--
▲5六歩    △3四歩    ▲5八飛    △3二飛    ▲5五歩    △4二銀
▲4八銀    △5二金左  ▲7六歩    △3五歩    ▲5六飛    △3四飛
▲6八玉    △1四歩    ▲7八玉    △3三角    ▲7七角    △6二玉
▲8八玉    △7二銀    ▲9八香    △6四歩    ▲9九玉    △6三金
▲8八銀    △7一玉    ▲7八金    △7四歩    ▲2六飛    △2四歩
▲5七銀    △7三桂    ▲6六銀    △4四角    ▲5六飛    △8二玉
▲7五歩    △同 歩    ▲同 銀    △7四歩    ▲6六銀    △3三角
▲5九金    △4四歩    ▲6九金    △4三銀    ▲7九金寄  △4五歩
▲1六歩    △9四歩    ▲6八角    △6五歩    ▲7七銀引  △4四銀
▲3六歩    △5五銀    ▲3五歩    △5四飛    ▲3六飛    △4四角
▲3四歩    △4六歩    ▲同 歩    △5六銀    ▲4五歩    △同 銀
▲3八飛    △5六銀    ▲2四角    △4七銀成  ▲3六飛    △5九飛成
▲3三歩成  △3五歩    ▲同 角    △同 角    ▲同 飛    △2九龍
▲4三と    △9五歩    ▲3二飛成  △9六歩    ▲同 歩    △9七歩
▲同 香    △8五桂    ▲3六角    △5四歩    ▲4七角    △4九龍
▲6五角    △7七桂成  ▲同 桂    △6四銀    ▲5二銀    △同 金
▲同 と    △4三角    ▲4二龍    △6五銀    ▲同 桂    △7六桂
▲6二と    △8八桂成  ▲同 玉    △4四角    ▲6六桂    △6二角
▲7四桂    △同 金    ▲6二龍    △7一銀    ▲7三角    △同 金
▲同桂成    △9三玉    ▲8五桂    △8四玉    ▲6四龍
まで119手で先手の勝ち

1時間くらい棋譜を眺めてましたが序盤の駒組で3五歩と少し形を決めすぎたかな?あとは駒がぶつかりだしてから
少し攻め急いだかな?と思います。もう少しじっくり行けば勝てたかもしれませんね。
ま、相変わらずの将棋ですがこんなんでももう少しで9級ですw暑くなって来ましたので笑い飛ばしてください^^。
最後まで読んで頂き有難う御座いました。
 

参考になるか分かりませんが陣形不備を咎めて見ました。




陣形不備を咎めて見たw余計なお節介かもしれないのですが
部分図を載せてみます。
以下、同銀、同金、84歩、74金、83歩なり以下快勝。
 

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

サロンの概要

受講者随時募集

女性・初級者歓迎
見学もお気軽に


師範
佐伯昌優(さえき・よしまさ)九段

会場
フジサワ名店ビル 7階Bホール
JR・小田急藤沢駅南口2分

日時
第2・第4木曜日 13時〜17時

料金
入会金 2,000円
月謝 3,000円

対象
一般(年齢・性別・棋力は問いません。実力に応じて指導します)

内容
大盤で解説/指導対局もいたします/自由対局

備考
現在、30〜80歳代の男女半々の20数名の方々が、初心者〜有段者まで、棋力に合った楽しみ方をしています。(サロンの様子はこちら

お問い合わせ
E-mail s9ss@hotmail.co.jp
TEL 0466-82-9317

カテゴリ

表示されている記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

管理人おすすめサイト

新着コメント【承認制】

電脳班プロフィール

その他

モバイル

qrcode

広告