手合係は見た【42】

2016.11.21 Monday
 


【42】駒落ち考

先月から二度にわたって行われたトーナメント。駒落ち戦では上手(上位者)が厚かったようです。

駒落ちの下手は難しい。特に私たち素人同士にとっては。以下に愚考を述べてみます。

一つには「駒落ちなら勝てるんじゃないか」という思い。油断につながり、将棋が粗くなる。二つには「駒落ちで負けるのは恥ずかしい」という思い。こう思うこと自体、すでに不利なんですね。上手は「負けてもともと」。手が伸びて力が出るでしょう。これらはメンタルがもたらす作用です。

三つには「錯覚」にも似た「事実誤認」があること。下図をどうぞ。

(1図は角落ち)


(2図は桂得。角落ちと同じくらいの差(仮説))


(似て非なる。3図は角得)


以前駒の価値(点数)について習いました。(歩1、香3、桂4、銀5、金6、角8、飛10)

角落ちの初期配置(1図)は下手63点、上手55点の8点差。比率に換算すると下手:上手=53:47。これは微差と言ってもいいでしょう。

8点差とは桂得(2図)くらいの差。2図は下手67点、上手59点の8点差(同様に53:47)。こんな局面は平手ならいくらでもあるし、簡単に逆転するでしょう。

ところが私たちは角落ちを「角得」(3図)くらいに思ってしまう。3図は下手71点、上手55点の16点差(同様に56:44)。桂得と角得ではかなり違うでしょう。

角落ちは簡単ではない。桂得くらいと心得ましょう。同じく飛車落ちは銀得くらい。まったくもって油断なりません。

スナップショット

(図は△2二飛まで)


Kさんと角落ちで一局。私は即興で初手△2二飛(図)。角落ちを最も活かした手に思えたのです。平手だと1手で回れませんからね(笑)。

(手合係は見た 目次はこちら

 

スポンサーサイト

-
-
-
スポンサードリンク
 
2017.10.22 Sunday
 
 
なるほど。
点数で考えると、おもったより、差がないんですね。
駒落ち将棋、初めてやったときは、そのような考え方をしていましたが、
今は、平手将棋よりも、受けすぎる傾向に自分はなってしまいますね。
平手、駒落ち将棋も勝つのは大変なのは、同じですね。
視野が広がった感じがします。
低速の寄せ | 2016/11/22 10:21 PM
低速の寄せさん
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません(笑)。
ピリ辛流 | 2016/11/23 6:10 AM
コメントする








    

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

サロンの概要

受講者随時募集

女性・初級者歓迎
見学もお気軽に


師範
佐伯昌優(さえき・よしまさ)九段
指導員 遠藤三郎アマ六段

会場
フジサワ名店ビル 7階Bホール
JR・小田急藤沢駅南口2分

日時
第2・第4木曜日 13時〜17時

料金
入会金 2,000円
月謝 3,000円

対象
一般(年齢・性別・棋力は問いません。実力に応じて指導します)

内容
大盤で解説/指導対局もいたします/自由対局

備考
現在、30〜80歳代の男女半々の20数名の方々が、初心者〜有段者まで、棋力に合った楽しみ方をしています。(サロンの様子はこちら

お問い合わせ
E-mail s9ss@hotmail.co.jp
TEL 0466-82-9317

カテゴリ

表示されている記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

管理人おすすめサイト

新着コメント【承認制】

電脳班プロフィール

その他

モバイル

qrcode

広告