サロン日誌(17.04.13)

2017.04.15 Saturday
 


【講義】



金の使い方。金は守りの駒。なるべく前に出ない。以下の過去記事もご参照下さい。

サロン日誌(11.04.28) | 佐伯九段将棋サロン
サロン日誌(15.07.23) | 佐伯九段将棋サロン

(1図は△7二飛まで)


1図からの指し手
▲7九金(2図)△7五歩  ▲同 歩  △同 飛  ▲7八飛  △4四歩
▲8八角 △7八飛成  ▲同 金(3図)

後手が△7二飛(1図)と7筋に狙いを定めた局面。ここで▲7九金(2図)が習いのある手。「金は引く手に好手あり」ですね。

△7五歩からの飛車先交換に▲7八飛が継続手。以下▲8八角から飛車交換を迫ります。

3図は後手陣には▲8三飛など飛車の打ち込みの隙があり、先手陣には隙がありません。(△6九飛には▲7九歩〜▲5八銀があります)

▲7九金に、Mさんから「大山さん(十五世名人)の手だ」の声が上がりました。さすがお詳しいですね。

(2図は▲7九金まで)


(3図は▲7八同金まで)


【自由対局】

新年度。サロンも13年目に入りました。新入会2名を含む27名の大入りでした。







 

サロン日誌(17.03.23)

2017.03.25 Saturday
 


【講義】



銀の使い方。銀は攻めの駒。前に出る。以下の過去記事もご参照下さい。

サロン日誌(11.04.14) | 佐伯九段将棋サロン
サロン日誌(15.07.09) | 佐伯九段将棋サロン

攻めのコツは銀の使い方にあり。「銀は営業部長」は加藤一二三九段の言葉でしたか。その心は、「拡大して、業績を上げていく」

(1図は▲2八飛まで)


1図は先手が棒銀をさばいたところ。手数を掛けても、攻めの銀を守りの銀と交換するメリットは大きいようです。(飛車先の歩の交換も)

(2図は▲1三歩まで)


少し進んで2図(▲1三歩まで)。この垂れ歩が意外と受けにくく、△同角は▲1五香、△同香は▲1二銀で手が続きます。

【自由対局】









 

サロン日誌(17.03.09)

2017.03.11 Saturday
 


【講義】



桂の使い方。桂は控えて打て。以下の過去記事もご参照下さい。

サロン日誌(11.03.24) | 佐伯九段将棋サロン
サロン日誌(15.06.25) | 佐伯九段将棋サロン

四間飛車vs居飛車急戦。定跡のおさらいを兼ねて、一例が並べられました。

(1図は△6五歩まで)


1図からの指し手
▲同 銀  △同 桂  ▲2二角成 △同 玉  ▲6五飛  △3二玉
▲2六桂(2図)

△6五同桂では△7七角成▲同桂△2二角も有力とのこと。▲2六桂(2図)が「桂は控えて打て」の好手。これには△2五銀が受けの形ですが、飛車が利いているため打てません。

(2図は▲2六桂まで)


2図からの指し手
△3三銀  ▲7七桂  △8七角  ▲8五飛  △同 飛  ▲同 桂
△7六角成 ▲8一飛  △7八飛 ▲4八金引  △6六歩(3図)

3図以下先手からは▲3五歩〜▲3四歩が急所の攻めとなります。

(3図は△6六歩まで)


【自由対局】







 

サロン日誌(17.02.23)

2017.02.25 Saturday
 


【講義】



香の使い方。香は下段から打て。香打ちに中合あり。以下の過去記事もご参照下さい。

サロン日誌(11.02.24) | 佐伯九段将棋サロン
サロン日誌(15.06.11) | 佐伯九段将棋サロン



図から▲1九香。対して△1三歩は▲2三銀△同玉▲1五桂以下トン死してしまいます。当然ながら△1四歩(結果図)の中合が好手。▲同香と近づけてから△1三歩とすれば逃れています。

(結果図は△1四歩まで)


【自由対局】







 

サロン日誌(17.02.09)※追記あり

2017.02.11 Saturday
 


昨年暮れに初段に昇段したHさんが申請していた免状が届き、佐伯先生より手渡されました。Hさん改めておめでとうございます!





【講義】



2017/01/26
於 佐伯九段将棋サロン
▲三段 八木隆行
△四段 志知武司


年に一度の「新聞対局」。先月のサロンで指され、今週から神奈川新聞の将棋欄に掲載される一戦の解説がありました。

振り飛車党の八木さんは主力の中飛車を採用。対する志知さんは持久戦を志向し、相穴熊の戦いとなりました。

(1図は△2二銀まで)


※現在新聞連載中につき、詳細は掲載終了後にアップします。※2/16、以下追記しました

1図から▲7五銀は有力だったようです。以下△8二飛▲6六飛△6二飛▲6五飛△2四角▲6六銀△4六角▲8五飛△8二歩が一例。実戦は▲7五歩〜▲5七銀〜▲7六飛と石田流に組み換えました。

(2図は△7八角まで)


2図は先手ピンチを思わせる局面。▲7四歩が勝負手でした。以下△同歩なら▲5二角〜▲7四飛や▲7四角成。△8七角成なら▲7五飛△8六馬▲8五飛△同馬▲同桂とさばいてどうか。

実戦の▲3五歩も飛車の可動域を広げた手ですが、△6七角成▲3六飛△3五歩▲同飛△5六歩▲5八歩△7七馬▲7二角△4四馬(3図)まで進むと、後手がペースを握ったようです。

(3図は△4四馬まで)


3図から▲3八飛はやや元気のない手。これには△7一馬がぴったりで、以下▲5四角成△同飛で後手の優勢が拡大しました。▲3八飛では▲3二飛成△同銀▲8一角成と勝負するよりなかったようです。

その後も後手の志知さんが棋風通りに手堅くまとめて快勝。先手の八木さんは軽快な攻めが持ち味ですが、この日は普段の力が出にくかったでしょうか。(心情お察しします)

お二人ともお疲れさまでした。

(投了図は△3九とまで)


【自由対局】







 

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

サロンの概要

受講者随時募集

女性・初級者歓迎
見学もお気軽に


師範
佐伯昌優(さえき・よしまさ)九段
指導員 遠藤三郎アマ六段

会場
フジサワ名店ビル 7階Bホール
JR・小田急藤沢駅南口2分

日時
第2・第4木曜日 13時〜17時

料金
入会金 2,000円
月謝 3,000円

対象
一般(年齢・性別・棋力は問いません。実力に応じて指導します)

内容
大盤で解説/指導対局もいたします/自由対局

備考
現在、30〜80歳代の男女半々の20数名の方々が、初心者〜有段者まで、棋力に合った楽しみ方をしています。(サロンの様子はこちら

お問い合わせ
E-mail s9ss@hotmail.co.jp
TEL 0466-82-9317

カテゴリ

表示されている記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

管理人おすすめサイト

新着コメント【承認制】

電脳班プロフィール

その他

モバイル

qrcode

広告