対局ファイル #005(12.02.09)


▲Sさん
△Hさん
2012/02/09

高段者同士のコクのある戦いをご覧下さい。Sさんは力戦派。棋理の明るさにも定評があります。Hさんは居飛車党。サロンでは抜群の安定感を誇ります。

初手からの指し手
▲36歩△84歩▲35歩△85歩▲78銀△86歩
▲同歩△同飛▲87歩△82飛▲38飛△32金
▲36飛(1図)

(1図は▲36飛まで)


Sさん独特の序盤戦です。「この形(初手▲36歩)は2000局以上指している(本人談)」とか。対するHさんは自然な対応です。少し進んで2図。

(2図は△54銀まで)


2図から▲16歩△同歩▲46桂。Sさんの戦(いくさ)上手な感じが出ています。

多少無理気味なところから、自分の世界に引きずり込むシーンは、サロンでもよく見掛けます。さらに進んで3図。

(3図は▲21銀成まで)


はっきりしない、急所の見えにくい局面です。ここからHさんは△55歩。こう指すものですか。

ぼんやりとした手渡しのようにも見えましたが・・・。以下▲26歩△54桂。なるほど、これが狙いでしたか。

先手は飛車と角、玉の配置がよろしくありませんね。飛車を取られて苦しいながらも、Sさんは手順を尽くします。

(4図は▲54桂まで)


4図。2枚の桂馬が急所に迫り、後手も少し気持ちの悪いところ。Hさんは少し迷って△32玉。そちらですか。

以下(1)▲46角に△44銀。この「桂先の銀」が決め手となったようです。

代えて(2)▲33歩は手筋。△22玉には▲32銀とかぶせてどうか。(Sさんは、玉を逃がすようで、気が進まなかったとのこと)

Sさんは、含みを持たせて▲46角を選んだ。Hさんの△44銀がそれを上回ったというところでしょうか。

その後は△44の銀が2枚の桂を取り切り、後手の優勢が確定しました。とても見応えのある中盤の応酬でした。さすがは重量級(笑)。
 

対局ファイル #004(12.01.12)


▲Oさん
△Kさん
2012/01/12

Oさんは振り飛車党。穴熊から猛攻する将棋をよく見掛けます。Kさんは居飛車党のはずでしたが・・・。最近は振り飛車にもチャレンジし、芸域を広げているとのこと。相振り飛車になりました。

(1図は△56歩まで)


1図。△56歩は早計。左の金銀に手を掛けたいところでした。

▲56同歩△同飛に(1)▲55歩とフタをすれば、後手の飛車は行き場を失っていました。(次は▲67金)

実戦は(2)▲57歩△54飛。以下▲75銀△77角成▲同桂と進み、戦いが始まりました。

(2図は△71金まで)


途中、後手にやや誤算があり、先手ペースに。後手は左の銀桂が残っているのが痛いですね。

2図の△71金に、馬を逃げるOさんではありません。▲62金としがみつく。(▲71同馬もありました)

以下、(1)△62同金▲同馬△71金なら、2図とそっくり。実戦は▲62金に(2)△72金▲同金と進み、次第に後手の受けが難しくなりました。

(3図は△88飛まで)


3図。Kさんはやや力のない手つきで△88飛。▲58金寄で不満なしと思いきや、Oさんは少考されています。

そして決然と▲62金。ここで手抜いて攻め合いますか。△68飛成は詰めろ(△27角成以下)ですが・・・。

出ました、▲72銀(4図)。

(4図は▲72銀まで)


これが詰めろ逃れの詰めろ。こんなにぴったりとして手は、なかなかお目に掛かれませんね。

△72同角引ではジリ貧とみたか、△27角成から殺到しましたが、わずかに届かず、後手の投了となりました。

3図から4図は見応えがありました。Oさんの傑作でしょう。
 

対局ファイル #003(11.11.10)


▲Aさん
△Fさん
2011/11/10

Fさんは四間飛車一筋。対するAさんの「米長玉」はサロンの皆から一目置かれています。がっぷり四つの序盤戦。

(1図は△32銀まで)


1図は、43の銀を32にバックしたところ。間合いを計るFさんの秘技です。

これに幻惑されたか、Aさんは▲45歩と開戦。ここはむしろ後手から突きたいところでした。

(2図は▲33歩成まで)


やりとりがあって2図。ここで△33同桂と、と金を払うFさんではなかった。

図から△95歩。さすがの一着です。以下、端に嫌味をつけ、3図。

(3図は△65桂まで)


先手は普通の手では勝負にならなそう。何かひねり出したいところです。局後の検討では▲16角などが挙がりましたが・・・。

実戦は▲66金△39角▲24飛△66角成▲同歩と進み、△77銀(4図)。

(4図は△77銀まで)


痛烈な決め手でした。▲同桂には△99竜があります。

仕方のない▲77同金に、(1)△89竜▲同玉△77桂成ならきれいな必至でした。実戦は(2)△77同桂成▲同玉△79竜と進み、最後は受けなしとなりました。

Fさんの会心譜。Aさんはこの日ばかりは相手が悪かったようです。
 

対局ファイル #002(11.10.13)


▲Mさん
△Oさん
2011/10/13

ライバル同士?の一戦。Mさんが対戦相手にOさんを指名したようです。これは見逃せません(笑)。

(1図は▲86歩まで)


Mさんが得意の向かい飛車から早くも仕掛けました。Oさんも攻め将棋ですが、この進行では得意の棒銀を繰り出す暇がありません。

少し進んで2図。

(2図は▲85歩まで)


▲85歩と飛車先を止めたところ。好手と思いました。以下△同桂に▲同桂△同飛▲91角成。Mさんは香得を選びました。

△85同桂には▲86飛も自然な一手です。後手は△77桂成とはできません。(▲81飛成がある)。ただ▲86飛に△84歩とされると、意外と手がありませんか。

さらに進んで3図。

(3図は▲55桂まで)


激しい応酬が続きます。

△87歩成▲同飛!△同飛成▲同金△同角成▲63歩成△同銀▲同桂成
△同金(4図)。

当然とばかりの△87歩成に、Mさんは力強く▲同飛! 「いやー」と頭を抱えるOさん。(▲79金を読んでいたようです)

以下、騎虎の勢いで4図。途中、△87同角成は毒まんじゅうだったかもしれません。なぜなら−−。

(4図は△63同金まで)


4図から▲81飛なら先手大優勢でした。(局後の遠藤先生の指摘)。△76馬なら▲21銀が厳しい追及。△31玉には▲32香があります。

実戦は▲61飛。せっかくのチャンスを逃しました。以下△51桂▲81飛成△76馬▲57銀△78飛(図面省略)。攻守が入れ替わりました。

▲61飛はほとんどノータイムの着手。Mさん、ここが腰の落としどころでしたね。

ともあれ、熱のこもった好局でした。お二人ともお疲れさまでした。
 

対局ファイル #001(11.09.08)


今月からサロン日誌に加え、自由対局の様子をリポートします(月1局程度)。サロンメンバーの熱い戦いをご覧下さい!!

▲Oさん
△Kさん
2011/09/08

両者ともに振り飛車党。相三間飛車になりました。

(1図は△34飛まで)


1図は後手が3筋の歩を切ったところ。ここで先手に警戒すべき手があります。

実戦は1図から▲36歩△84飛。相振り飛車でよく出てくる筋ですね。

△87飛成を受けるなら▲77飛ですが、何とも冴えません。▲36歩では▲86歩が火急の一手でした。

実戦は△84飛に▲65歩と開戦。以後、後手ペースかと思われましたが、角を切った構想がやや粗く、2図は先手優勢のようです。

(2図は△35歩まで)


さて、Oさんの手はどこへ行くか。

2図から▲88香△65桂▲95桂。好着想でした。単純ながら厳しい攻めです。

(3図は△86飛まで)


3図。後手は両取りを掛けて下駄を預けました。

ここで▲82飛なら決まっていた、と局後、佐伯先生から指摘がありました。次の▲72成香が激痛です。

△89飛成と馬を取ると。▲72成香△52玉▲62成香△42玉▲89飛成。
竜が抜けます。「そうか〜」とのけぞるOさん。

実戦は▲84飛。成香の一時撤退を余儀なくされました。ただし形勢には開きがあり、以後、先手が手堅く勝ち切りました。

(投了図は▲52金まで)


投了図から、△23銀と馬を取るとどうなりますか。Oさん「▲41金△同玉▲51飛・・・」。なるほど、それは詰みですか。お見それしました。
 

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

サロンの概要

受講者随時募集

女性・初級者歓迎
見学もお気軽に


師範
佐伯昌優(さえき・よしまさ)九段
指導員 遠藤三郎アマ六段

会場
フジサワ名店ビル 7階Bホール
JR・小田急藤沢駅南口2分

日時
第2・第4木曜日 13時〜17時

料金
入会金 2,000円
月謝 3,000円

対象
一般(年齢・性別・棋力は問いません。実力に応じて指導します)

内容
大盤で解説/指導対局もいたします/自由対局

備考
現在、30〜80歳代の男女半々の20数名の方々が、初心者〜有段者まで、棋力に合った楽しみ方をしています。(サロンの様子はこちら

お問い合わせ
E-mail s9ss@hotmail.co.jp
TEL 0466-82-9317

カテゴリ

表示されている記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

管理人おすすめサイト

新着コメント【承認制】

電脳班プロフィール

その他

モバイル

qrcode

広告