サロン日誌(10.11.25)



今週のサロン

前回のサロン時に比べると、気温もお天気も、何だかすっかり冬らしくなってしまいました。サロンの皆さんの装いも、冬仕様に。
次回のサロンは、もう、忘年会です。早い…。
“月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり”
…って、この旅人ちょっと健脚すぎなので、たまに転ばしたくなります。

先生の講義(13:00〜14:00)

今週の講義は、受講者の方が質問なさった、“ゴキゲン中飛車vs居飛車の変化”でしたが…↓



先手が中飛車です。
初手から、▲7六歩→▽8四歩→▲5六歩→▽3四歩→▲5八飛→▽8五歩→▲5五歩。と進んで、この局面になりました。

先手の方、なんだか、「今日はもう、中飛車以外の何者でもありませんので、私。」って言ってる感じがします…ね?

ここで、居飛車が▽8六歩と突くと、▲同歩→▽同飛→▲5四歩→▽同歩→▲2二角成→▽同銀→▲7七角→▽8九飛成→▲2二角成→▽5五桂→▲2一馬。と進んでいくのが一例と、佐伯先生。

で、▲5五歩に、▽6二銀とすると、▲7七角→▽4二玉→▲4八玉→▽6四歩→▲3八玉→▽6三銀→▲6八銀→▽3二玉→▲2八玉→▽4二銀→▲3八銀→▽3三銀→▲5七銀→▽4四銀→▲5六銀↓



…で、これが、「ゆっくりした流れになりますよ。」という指し方の一例ですよ〜っと、佐伯先生に教えて頂いた…はずです。
何分、ノートを取ってる人間の棋力が2級なもので、途中の指し手も、色々間違っているかも知れませんが…。

また、この展開の他にも、複数、様々な変化の手順も教えて頂きました。
脳みそのスペックがファミコン並な為に、拝聴するのに必死で、記録し切れなかったのが残念です。

先生曰く、「まだきちんと定跡化されていないものなので、解説するのは、なかなか難しい。」とのこと。
ん〜…、将棋の世界では、常にコペルニクス的転回が、そこかしこで起こり続けているんですね…。棋士の先生方って大変です…。

今週もありがとうございました。

フリー対局(14:00〜17:00)





佐伯先生の奥様も、対局中。
戦況は、いかがですか~?

サロネーゼのお茶会(17:00〜気が済むまで。)



↑ビル一階の喫茶店にて、ジンジャーエール(¥400)
女性陣は、奥様の五月さんも含め、サロンの後は大概こちらで、
色々と駄弁って…じゃない、極めて有意義かつ、貴重な意見交換会をしてから、帰ります。
コーヒーゼリーと、あんみつが美味しいらしいです

サロン夜間部(一時限目17:00~19:00。二時限目19:00~?)




男性陣は主に、こちら。遠藤先生も、こちら。
こちらはこちらで、相変わらず楽しそうです。
それぞれの棋力に合わせてハンデをつけて、総当り戦など。

お手元のグラスに入っているのは、ジンジャーエールなんて可愛いものではないようですが…。
酒は憂いの玉箒とか

今週も、ありがとうございました。
次回も、宜しくお願いします。
 

宿題(10.11.25)


●必至(1手必至)


●詰将棋(7手詰)
 

サロン忘年会(10.12.09)


幹事の遠藤先生からご案内がありました。以下一部転載します。

佐伯九段将棋サロン
平成22年・忘年会


●日時
12月9日(木) 17:10〜19:00

●場所
だんまや水産(サロンの隣のダイヤモンドビル3F)
−サロン将棋終了後、みんなで移動します−

●会費
男性3,800円 女性3,500円

懸賞詰将棋、マジックショーなど、余興もあります

出欠のご連絡と会費のお支払いは、
次回のサロン11月25日(木)までに、遠藤先生にお願いします。
 

サロン日誌(10.11.11)


小春日和。冬とは思えないうららかな陽気です。

【講義】
先月、講義で取り上げてほしい内容を受講者から募ったところ、
「佐伯先生の将棋を自戦解説してほしい」というリクエストがあり、
この日さっそく行われました。

▲佐伯昌優八段
△森内俊之六段
順位戦 B級2組
1993/02/12

当時の森内さんは飛ぶ鳥を落とす勢い。
そこに、佐伯先生がベテランの指し回しで立ちはだかりました。

1図


佐伯先生は現役時代、矢倉と縦歩取りを得意とされていて、
振り飛車は数局しか指さなかったとのこと。そのうちの貴重な一局です。
若手相手に、古い将棋で一丁もんでやろう、ということでしょう。

1図の一手前、△42銀に代えて△42玉なら無難だったとのこと。
1図では、すでに先手が指しやすいそうです。まだお昼だったでしょうに。



2図


2図(▲64歩)は急所の垂らし。
後手からの△75歩や△73銀を牽制しています。

この後、先手の飛車は58→68→78→48と自在に動き回り、
そして、

3図


するりと裏口へ。▲95角△同香▲同飛の狙いです。
実戦でもその筋が現われ、飛車の侵入に成功。
寄せも手堅く、最後は後手の猛追をきっちりと余しました。

投了図


森内さんはこの敗戦が響き、順位一枚の差で昇級を逃がしました。

5位 森下卓七段 9−1(昇級)
19位 村山聖六段 9−1(昇級)
20位 森内俊之六段 9−1(次点)

このときの無念さの末に、今の森内さんがある、と言っては言い過ぎでしょうか。
それにしても、先生、振り飛車、お上手ですね〜!!

【自由対局】
サロンの室内は日当たりも良く、受講者の気合も相まって汗ばむほどの熱気です。



 

宿題(10.11.11)


●必至(1手必至)


●詰将棋(7手詰)
 

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

サロンの概要

受講者随時募集

女性・初級者歓迎
見学もお気軽に


師範
佐伯昌優(さえき・よしまさ)九段

会場
フジサワ名店ビル 7階Bホール
JR・小田急藤沢駅南口2分

日時
第2・第4木曜日 13時〜17時

料金
入会金 2,000円
月謝 3,000円

対象
一般(年齢・性別・棋力は問いません。実力に応じて指導します)

内容
大盤で解説/指導対局もいたします/自由対局

備考
現在、30〜80歳代の男女半々の20数名の方々が、初心者〜有段者まで、棋力に合った楽しみ方をしています。(サロンの様子はこちら

お問い合わせ
E-mail s9ss@hotmail.co.jp
TEL 0466-82-9317

カテゴリ

表示されている記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

管理人おすすめサイト

新着コメント【承認制】

電脳班プロフィール

その他

モバイル

qrcode

広告