宿題(16.12.22)


●必至(3手必至)


●詰将棋(7手詰)
 

手合係は見た【43】

2016.12.19 Monday
 


【43】プレイバック2016

盤寿のお祝いに明け暮れたメモリアルイヤー。


矢印 佐伯九段将棋サロン プレイバック2016

(※見出しをクリックすると、当該記事にジャンプします)

(1)年の始めは年賀詰2016(1月)

参加14名。今年もバラエティーに富んだ好局が揃いました。

(2)神奈川新聞社・中山秀春記者来訪(1月)

打ち上げの席で、Nさんの笑顔が印象的でした。


(破顔一「勝」。右がNさん)

(3)「駒落ちの指し方」講義始まる(2月)

六枚落ちから香落ちまで。覚えておきたい手筋が盛り沢山。

(4)「プロジェクトB」始動(3月)

盤寿祝いの準備・打ち合わせ。半年余に及んだプロジェクト。

(5)新緑の箱根・研修旅行(5月)

参加13名。100円総取り戦などで盛り上がりました。



(6)「盤寿を祝う会」開かる(10月)

参加80名の盛会。翌朝神奈川新聞にも大きく載りました。




(森内・羽生両永世名人からサプライズのお祝い)

(7)祝・盤寿記念 特別トーナメント(10月)

駒落ちありのトーナメント戦。受講の成果やいかに。

(8)「将棋の日」盤寿のお祝い(11月)

将棋会館にて盤寿の表彰。おめでとうございました。

(9)冬の箱根・忘年旅行(11月)

参加16名。カラオケでも大いに盛り上がったようです。



(10)忘年会無事終わる(12月)

参加22名。ゲストに斎田女流五段。一年間お疲れさまでした。



こうして振り返ると、笑顔にあふれた一年でしたね!

スナップショット

(部分図は△2五金まで)


部分図(一部加工してあります)が目に留まりました。△2五金と詰めろを受けた局面。これは・・・実戦必至問題ですね。ギャラリーの雑音も何のその、見事に▲1七桂が指されました。

以下△3五金とよろけるのは▲2五桂打以下の詰み。実戦は△3五金打とさらに抵抗しました。これでも後手玉は詰んでいますが果たして・・・。

(手合係は見た 目次はこちら

 

忘年会リポート(写真集)(16.12.08)

2016.12.11 Sunday
 



(冒頭佐伯先生よりご挨拶)


(スペシャルゲストの斎田晴子女流五段)


(乾杯の発声は昼のチーム戦で優勝した小森さん)

















【料理】

コース6品。女性にはデザートのティラミスも。

(メニュー)
・あったかあおさ豆腐
・鮮魚5点盛り
・ボリュームたっぷり肉鍋
・まぐろカマ焼き
・特大海老フライ
・本格握り寿司

【余興】

定番の懸賞詰将棋は見合わせました。皆下を向いて黙ってしまいますからね(笑)。

ビンゴゲームのアレンジ版を行いました。その名も「お名前ビンゴ」。なかなかに白熱した戦いとなりました。

(ルール)
・参加者は各自紙に自分の名前(フルネーム)をひらがなで書く
・進行役が五十音カードを1枚ずつ引く
・引かれた文字が名前の中にあれば○印をつける
・何度も行い、○が四つになれば上がり。(○三つでリーチを宣言する)

景品をご提供いただいた皆さまには心よりお礼申し上げます。

【収支等】

収入 76,000
会費 76,000

支出 92,879
飲食代 89,620
景品等 3,259

収支 ▲16,879

差額は「繰越剰余金」から補てんしました。次回のサロンで詳しくご報告します。

 

サロン日誌(16.12.08)

2016.12.10 Saturday
 


本日忘年会につき、サロンもイベントモードに。年末恒例のチーム戦を行いました。三人一組(大将・副将・三将)、4チームによるリーグ戦。昨年に続き、M下さんとK端さんに賞品のご提供をいただきました。


(1〜3位まで呈賞)







斎田晴子女流五段来場。お忙しい中、忘年会にもご参加くださいました。ありがとうございます。


(斎田女流の指導対局)


(カメラ目線いただきました)

 

宿題(16.12.08)


●必至(3手必至)


●詰将棋(7手詰)
 

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

サロンの概要

受講者随時募集

女性・初級者歓迎
見学もお気軽に


師範
佐伯昌優(さえき・よしまさ)九段
指導員 遠藤三郎アマ六段

会場
フジサワ名店ビル 7階Bホール
JR・小田急藤沢駅南口2分

日時
第2・第4木曜日 13時〜17時

料金
入会金 2,000円
月謝 3,000円

対象
一般(年齢・性別・棋力は問いません。実力に応じて指導します)

内容
大盤で解説/指導対局もいたします/自由対局

備考
現在、30〜80歳代の男女半々の20数名の方々が、初心者〜有段者まで、棋力に合った楽しみ方をしています。(サロンの様子はこちら

お問い合わせ
E-mail s9ss@hotmail.co.jp
TEL 0466-82-9317

カテゴリ

表示されている記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

管理人おすすめサイト

新着コメント【承認制】

電脳班プロフィール

その他

モバイル

qrcode

広告