順位戦2016昇級者予想(B級1組)

2016.06.02 Thursday
 

(B級2組はこちら
(C級1組はこちら
(C級2組はこちら

B級1組

(対戦表はこちら



チビワン

◎郷田 ○豊島

前期A級から降級直後にも関わらず王将戦で羽生名人の挑戦を退けた◎郷田王将、他棋戦で万遍無く活躍している○豊島七段の昇級を予想します。

千成ひょうたん

◎豊島 ○郷田 △松尾

◎豊島七段−−そろそろ大化け期待

OHSHOU

◎谷川 ○木村 △糸谷

◎谷川九段−−デビュー以来、光速の寄せを愛好しているのでもう一度A級に
○木村八段−−木村さんの解説が好きで、局後の感想戦が楽しみ
△糸谷八段−−来期はぜひA級で戦ってほしい

豚児

◎糸谷 ○郷田 △久保

◎糸谷前竜王は上位に強いという実績を残しています。○郷田王将はA級にいないとおかしい人です。

玉子王子

◎郷田 ○豊島 △糸谷

◎郷田王将−−前期は運が悪かった
○豊島七段−−前期で敗れた対戦相手が二名昇級したので
△糸谷八段−−電王戦を間近で観たのが好結果を与えそう

ノラネコ

◎郷田 ○豊島 △糸谷

前期は運悪く降級してしまいましたが、B級1組では別格。調子を維持できれば◎郷田王将が昇級すると思います。○豊島七段は何故かこのクラスでは苦戦していますが、必ずA級には上がると思います。B級1組は前期上がってきた人がすぐA級に上がるケースが多いので△糸谷八段を押さえとしました。

ピリ辛流

◎糸谷 ○郷田 △木村、豊島

◎糸谷八段の妖気が鬼の住み処でどこまで。いずれにせよ、今期B1のキーマンとなりそう。スイーツはほどほどに(笑)。
 

順位戦2016昇級者予想(B級2組)

2016.06.01 Wednesday
 

(C級1組はこちら
(C級2組はこちら

B級2組

(対戦表はこちら



チビワン

◎中村修 ○北浜

佐伯一門の力を信じています。

千成ひょうたん

◎中村太 ○村山 △菅井

◎中村太六段−−順位は不利だが本命ははずせない

OHSHOU

◎北浜 ○村山 △中村太

◎北浜八段−−佐伯先生のお弟子さんだしA級まで進んでほしい人
○村山七段−−村山さんの本を2冊読んでいるので親しみを感じます
△中村太六段−−B1どころか名人戦の挑戦者になってほしい人

豚児

◎菅井 ○藤井 △斎藤

◎菅井七段の強さは本物。順位もいいですし。○藤井九段はそろそろ復帰していいころ。順位もよし。

玉子王子

◎菅井 ○斎藤 △澤田

◎菅井七段−−弱点見えず順位も良し
○斎藤六段−−連続昇級で来期は師弟対決を
△澤田六段−−粘り強く順位戦向き

ノラネコ

◎菅井 ○藤井 △中村太

順位も良く、◎菅井七段はほぼ当確だと思います。○藤井九段もこのクラスにいるのが不自然で、本来の力を発揮できれば順当に上がれるのではと思います。三人目は中村太六段か斎藤六段で迷いましたが、タイトル挑戦の実績がある△中村太六段としました。

ピリ辛流

◎斎藤 ○菅井 △澤田、中村太

◎斎藤六段に佐藤天新名人に似た気位を感じる。ヘンに群れることなく、今はただただ上だけを見て精進を重ねてほしい。
 

順位戦2016昇級者予想(C級1組)

2016.06.01 Wednesday
 

(C級2組はこちら

C級1組

(対戦表はこちら



チビワン

◎千田 ○永瀬

◎千田五段は段位と実力が合っていない実力者。三年後はA級か。○永瀬六段は羽生三冠に三戦三勝の実力者。棋聖戦挑戦と絶好調、肩書を変えることが出来るか。いずれにしてもこのクラスには不釣り合いな両者。昇級できなければおかしい。

千成ひょうたん

◎千田 ○青嶋 △阿部健

◎千田五段−−注目している大器。勢い一番

OHSHOU

◎田中寅 ○青嶋 △横山

◎田中寅九段−−無理矢理矢倉を観たい
○青嶋五段−−勢いのある棋士で、一気にA級まで駆け上がってほしい
△横山六段−−B級の実力はあると思う

豚児

◎永瀬 ○千田 △青嶋、船江

◎永瀬六段はタイトル挑戦が光ります。タイトルを取るかも。○千田五段はNHK杯準優勝の余勢をかって。

玉子王子

◎阿部健 ○佐々木勇 △千田

◎阿部健七段−−毎年昇級候補に挙がってよい実力者
○佐々木勇五段−−前期で順位を上げて好位置につけている
△千田五段−−電王戦での切れ味鋭い解説

ノラネコ

◎佐々木勇 ○永瀬 △青嶋

順位が良く、昇級候補の若手とも当たっていない◎佐々木勇五段を本命にしました。順位が下なものの、○永瀬六段と△青嶋五段は実力が抜けていると思うので、直接対決で勝った方が上がるのではないかと思います。

ピリ辛流

◎青嶋 ○佐々木勇 △千田、永瀬

◎青嶋五段に注目している。順位は悪く当たりもきついが、なに、一つ一つ勝っていけばいい。チェスはほどほどに(笑)。
 

順位戦2016昇級者予想(C級2組)

2016.06.01 Wednesday
 

佐藤天彦新名人誕生! 2年前、彼がB1に上がったときのことが、ついこの前のように思えます・・・。そして今日は順位戦の開幕日。次なる戦いの始まりです。恒例となった昇級者予想を今年も募りました。

(2014年の予想と結果の概要はこちら
(2015年の予想と結果の概要はこちら

私は今年も勝って3連覇・殿堂入りする所存です(笑)。これを阻止すべく?サロンの棋界通6人が立ち上がりました。C2から順次掲載します。(取りまとめ:ピリ辛流)

C級2組

(対戦表はこちら



チビワン

◎高見 ○阿部光 △佐藤紳

◎高見五段、○阿部光六段、両者ともこのクラスには不似合いな実力者。前半の取りこぼしがなければ昇級確実。三人目は期待を込めて△佐藤紳七段です。パフォーマンスだけではなく最近では王位リーグ入りする等の活躍もあり期待されます。

千成ひょうたん

◎都成 ○八代 △西川和

◎都成四段−−順位は下位も、都成流なる新戦法開発の努力を評価

OHSHOU

◎藤森 ○増田康 △及川

◎藤森四段−−まだ奨励会のころ、新橋の名人戦解説会の会場で会った時からのファンなので
○増田康四段−−若さで新風を起こしてほしい
△及川六段−−今、及川さんの本を読んでる最中なので

豚児

◎増田康 ○三枚堂、八代 △及川

◎増田康四段の実力は万人の認めるところ。○三枚堂四段は切れのいい将棋を指します。そろそろ昇級でしょう。○八代五段は取りこぼしさえなければ大丈夫だと思います。

玉子王子

◎八代 ○三枚堂 △増田康

◎八代五段−−前期で順位を上げて好位置につけている
○三枚堂四段−−前々期初参加から好成績
△増田康四段−−前期初参加で好成績

ノラネコ

◎石井 ○増田康 △八代

順位が上の若手三人としました。◎石井四段は順位戦向きの棋風なので最有力だと思います。

ピリ辛流

◎西尾 ○八代 △増田康、三枚堂、阿部光

◎西尾六段はコンピュータ将棋を研究に上手く取り入れている印象。そろそろ結果を出したい。ギターはほどほどに(笑)。
 

【アーカイブ】相撲はかなり本気でした その3

2016.04.03 Sunday
 

(その1はこちら
(その2はこちら

湘南へ

棋士になったが、収入は非常に少ない。出場できる棋戦は朝日、毎日、読売だけ。C級棋士は相手にされなかった。花村元司先生(九段)が、「下級者は黙っていろ」と言ったのは有名な話です。そのくらい上下の差があった。

「ただでも指させてほしい」

「三千円や五千円でどうだ」

理事会とC級棋士との間で、そんなやりとりも行われた。とにかく生活が苦しかった。

話は前後するが、塾生時代によく木村十四世名人のお宅へ行った。神奈川県の茅ヶ崎市です。何しに行くかと言うと、免状や月給袋を持って行くんです。そうすると奥さまの鶴子さんが食べるものや小遣いを出してくれる。千円くらいくれた。向こうは大したことないが、こっちは大したことある。ありがたかったですね。

昭和三十五年に結婚。東京の練馬に住んだ。近所に北村昌男さんがいた。その練馬から茅ヶ崎に引っ越した。昭和三十九年、東京オリンピックの年です。湘南は気候も良く、子どもを育てるのに適していると思ったからです。木村十四世名人を慕う気持ちも強かった。

道場を始めたのもこのころ。私は酒が好きだが、ウイスキーの角瓶一本買えないこともあった。これじゃあ困るということで将棋道場を開いた。六段の頃です。

木村十四世名人と言えば、三男の木村義徳さん(九段)と私の息子がお付き合いをしています。次男の英樹(えいじゅ)は三十九歳ですが、京都の大学を出て考古学をやっている。この間も、「この露玉(つゆだま)が珍しいんだ」と話していた。何でも、日本で初めて発見されたものとか。木村さんは京都の嵐山に住んでいる。うちの息子を呼んで考古学の話をしているらしい。いろいろ縁があります。

息子が考古学に興味を持ったのは、小さい時、私が日本中連れて歩いたからかもしれません。将棋は教えなかった。

私はドライブが趣味で、車で全国を回った。よく一緒に行ったのは関屋喜代作七段です。関屋さんはカメラが好きで私はハイキングが好き。うまが合った。ある時、二人で北海道へ一週間ほど旅行をした。車で一日五百キロ、六千数百キロ走った。楽しかったですね。

危険なこともあった。沢下りをして遭難した。関屋さんが脱水状態になった。「我慢しろ」と言っても出来ない。無茶苦茶に水を飲む。私が下山して遭難したことを告げると村の人が、「三日前に兄貴が熊に食べられてねえ」と言った。これには驚きました。(笑)

おわりに

弟子を育てるのは難しいものだが、佐伯八段はこれまでに五人のプロ棋士を世に送り出している。中村修八段、北浜健介七段、斎田晴子女流四段、高橋和女流二段、中村真梨花女流二級だ。一門の特徴は、人気者あり実力者ありというところ。粒がそろっている。かつて中村八段が王将のタイトルを獲得した時には、おじいさん師匠の故・坂口九段が大層喜んだものだった。

佐伯八段の指導法はユニークで、男性には居飛車、女性には振り飛車を教えている。どうやら、独自の理論があるらしい。教えじょうずだ。

木屋太二


(インタビュー=平成15年11月8日、東京・渋谷区 将棋会館にて)


▲一門による還暦お祝いの会(平成2年7月)。前列左から斎田女流四段、中村八段、佐伯夫妻、後列左から高橋女流二段、中村女流2級、二人とんで北浜七段

=思い出の棋譜=

奨励会・東西決戦
昭和34年9月12日 於・大阪「関西本部」
(持ち時間各3時間)
▲六段 星田啓三
△三段 佐伯昌優
▲7六歩  △8四歩  ▲7八飛  △3四歩  ▲6六歩  △8五歩
▲7七角  △6二銀  ▲6八銀  △4二玉  ▲4八玉  △3二玉
▲3八玉  △5二金右 ▲2八玉  △7四歩  ▲3八銀  △6四歩
▲5八金左 △7三桂  ▲8八飛  △5四歩  ▲5六歩  △1四歩
▲5七銀  △5三銀  ▲6八飛  △9四歩  ▲9六歩  △6三金
▲4六歩  △3五歩  ▲6七飛  △4四銀  ▲4七金  △4二銀
▲3六歩  △同 歩  ▲同 金  △3五歩  ▲2五金  △5五歩
▲同 歩  △3三銀上 ▲5六銀  △5二飛  ▲6五歩  △同 桂
▲同 銀  △同 歩  ▲同 飛  △6二歩  ▲8五飛  △2四歩
▲3四歩  △2五歩  ▲3三歩成 △同 角  ▲6四歩  △同 金
▲3四銀  △2三銀  ▲3三銀成 △同 銀  ▲8一飛成 △3六歩
▲5四歩  △5五歩  ▲5三歩成 △同 飛  ▲4五桂  △5四飛
▲6五歩  △6三金  ▲8六角  △5一銀  ▲6四歩  △同 金
▲5三角  △7五歩  ▲9一竜  △4四歩  ▲3三桂成 △同 桂
▲7五角  △5三飛  ▲6四角  △6三飛  ▲3一金  △4三玉
▲4一金  △6四飛  ▲5一竜  △3五桂(第1図)▲4八銀  △2六歩
▲4二竜  △3四玉  ▲2五銀  △同 玉  ▲1六金  △2四玉
▲2六金  △3四金  ▲3一金  △5四角  ▲3七歩  △2五銀
▲3五金  △同 金  ▲4七桂  △3四金  ▲3五香  △2六歩
▲3四香  △2七歩成 ▲同 銀  △3七歩成 ▲同 銀  △6八飛成
▲5八歩  △2七角成 ▲同 玉  △2六歩  ▲同 銀  △同 銀
▲同 玉  △1五角(投了図)
まで、128手で佐伯三段の勝ち。
(消費時間=▲2時間48分、△2時間56分)

星田六段は三間飛車。私の構想が疑問で苦戦の将棋になった。

△3五桂(第1図)は終盤の勝負手。△3七角を狙っている。しかし、ここでは届かない形勢。

星田六段は▲4八銀と受けたが、大事を取り過ぎた。▲4二竜△3四玉▲4三銀△2四玉▲3四歩なら後手の負け筋だった。逆転勝ちの昇段譜。(佐伯昌優)

(第1図は△3五桂まで)


(投了図は△1五角まで)
 

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

サロンの概要

受講者随時募集

女性・初級者歓迎
見学もお気軽に


師範
佐伯昌優(さえき・よしまさ)九段
指導員 遠藤三郎アマ六段

会場
フジサワ名店ビル 7階Bホール
JR・小田急藤沢駅南口2分

日時
第2・第4木曜日 13時〜17時

料金
入会金 2,000円
月謝 3,000円

対象
一般(年齢・性別・棋力は問いません。実力に応じて指導します)

内容
大盤で解説/指導対局もいたします/自由対局

備考
現在、30〜80歳代の男女半々の20数名の方々が、初心者〜有段者まで、棋力に合った楽しみ方をしています。(サロンの様子はこちら

お問い合わせ
E-mail s9ss@hotmail.co.jp
TEL 0466-82-9317

カテゴリ

表示されている記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

管理人おすすめサイト

新着コメント【承認制】

電脳班プロフィール

その他

モバイル

qrcode

広告