手合係は見た【28】

2015.09.21 Monday
 

【28】特集記事のこと

年4回のペースで更新している特集記事。アイデアの枯渇と闘いながら、丸5年、20本近い企画(下記)をどうにか続けてきました。

2010年
・インタビュー(佐伯五月さん)

2011年
・新春インタビュー(佐伯昌優九段)
・インタビュー(遠藤三郎指導員)
・アンケート「受講者に聞きました」
・インタビュー(ピリ辛流)

2012年
・新春お好み対局(低速の寄せvs高野豆腐)
・サロン用語集「佐伯ペディア」
・イメ読みの真似事をしてみた(全3局)

2013年
・年賀詰2013
・アンケート「受講者に聞きました2013」
・サロンの自由対局で指されている戦法は?
・電脳班のおすすめ将棋本

2014年
・年賀詰2014
・座談会「サロンのこれまでを振り返る」
・順位戦2014挑戦者予想
・秋の芸術祭

2015年
・年賀詰2015
・10周年記念将棋会
・順位戦2015挑戦者予想
・アーカイブ「鬼と呼ばれた棋士」(予定)

当初から、サロンの出来事はもとより、佐伯先生の事柄についても記録化・データベース化できたらという思いがありました。

来年の今頃は・・・盤寿のお祝いの最中でしょうか。1年前に当たるこの時期から、少しずつ機運を高めていきましょう! 次回の特集では、佐伯先生の紹介記事(過去に『将棋世界』に掲載されたインタビュー記事)をアーカイブ転載する予定です。

今まで権利の関係を気にしてためらっていました。(不都合があれば取り下げますが)、このたびの盤寿に免じて何とぞお許し願えれば幸いです。

スナップショット

(図は△6二玉まで)


Kさんと一局指しました。攻めっ気はサロン随一。最近は振り飛車も試されているようです。

図からしばらくは駒組みが続く(▲7九玉や▲6六歩)かと思いきや、Kさんはいきなり▲4五桂。やはり攻め将棋なのですね。

以下△4二銀▲2四歩△同歩▲同飛△4四歩に、少考して▲3四飛。(▲2二歩からの予定変更だったようです)。これには△4三銀の味がよく、▲2四飛△4五歩で後手がペースを握りました。

(手合係は見た 目次はこちら
 

手合係は見た【27】

2015.08.24 Monday
 

【27】ビアガーデン現る

サロンの会場はビルの最上階(屋上階)。小窓の外に、工事関係の作業着姿の人をよく見掛けます。いつかは、避難訓練でビルの従業員が大勢で上ってきたこともありました。

そんな屋上に、この夏、ビアガーデンがオープンしたのには驚きました。

フジサワ駅前 29-Garden
http://shonan-beer-festival.com/29-garden

藤沢エリアでは30年ぶりのビアガーデンだとか。なかなかお洒落な作りに見えますね。

午後3時開店なので、対局中、人の出入りが分かります。窓を閉めて音や匂いを遮断していますが、アルコールがちらついて将棋に集中できない人もいるとかいないとか(笑)。

サロンが終わり、店をのぞくと、「本日満席につき」の表示が。となると、ますます入ってみたくなるのが人情でしょう。

次回(8/27)のサロンの後に、暑気払い(詳細はこちら)が企画されました。(言い出しっぺは某女性数名)。フードはかなりボリュームがありそう。皆さん、お腹を空かせてきて下さいね。


スナップショット

(図は▲4五桂まで)


最近は時計の練習にも熱心なTさん。初手から30秒で指しました。一手損角換わりの出だしから、私はいつものワンパターン(右玉)です。

図から△2七角▲3九飛△4五桂▲2八歩△4六桂▲4八金△3八桂成▲同金△3六角成▲4七金△同馬▲同銀△4八金▲2九飛△4七金▲7五歩△5七桂成と進みました。

「頃はよし」と△2七角と打ったものの、3手後の▲2八歩で進退窮まりました。△4六桂があったのは幸運でした。その後先手の飛車が隠居し、次第に後手ペースとなったようです。

(手合係は見た 目次はこちら
 

手合係は見た【26】

2015.07.20 Monday
 

【26】Kさんの奮闘

1月に入会されたときは、駒の動かし方も覚束なかったKさん。半年足らずの間に、ずいぶんと将棋らしくなってきました。人知れず努力されているのでしょう。

この前は飛車を振っていたけど、おやっ、今日は矢倉ですか。Kさん「本を読んで覚えてきたんです」

「本のとおりにならないんですけど、どうしたらいいですか」。向こうが飛車を振ってきたんですね。こればかりは相手のあることですからね(笑)。矢倉を通すのも一案かと。一局指してみましょうか。

Kさんの先手で▲7六歩△3四歩▲6八銀。おっとっと。角が只ですよ。相手の手もよく見て下さいね。

私が「待った」をして▲7六歩△8四歩▲6八銀。以下堂々とした駒組みです。この後が次の課題でしょうか。まずは棒銀かな。


【サロン来場者数】(2015年1〜6月)

月日 来場者(人) 天候 特記事項

01/08 20 晴 指し初め リレー将棋
01/22 18 雨 神奈川新聞社取材
02/12 23 晴
02/26 18 雨
03/12 25 晴
03/26 21 晴 桜開花

04/09 18 晴
04/23 17 晴
05/14 20 晴 真夏の暑さ
05/28 19 晴 手筋・格言の解説スタート
06/11 22 曇/晴 梅雨入り
06/25 20 晴 梅雨の晴れ間

スナップショット

(図は△2四銀まで)


高段者同士の終盤戦。駒得で手番の先手がかなりよさそうですね。私ならどう指すかな。もっといい手がありそう…と思いながら▲2一飛でしょうか。

実戦は▲2六銀△1六桂▲3七玉△5七桂成▲3八銀△4六香▲1五銀△4七香成の進行。その後は見ていませんが、逆転には至らなかったようです。

(手合係は見た 目次はこちら
 

手合係は見た【25】

2015.06.22 Monday
 

【25】対局時計

対局時計を買うことにした。

どの道場、どの大会でも見掛ける、ごっつい「青色」の時計。どうしてあれ1種類しかないの。(よく見ると、新旧合わせて3種類くらいあるようだが)

ウェブサイトを巡り、チェス用品の店で「これは」と思えるもの(下記・写真)を見つけ、購入した。

DGT Easy+ Digital Clock - チェスの通販なら専門店のCheckmate Japan
http://checkmate-japan.com/?pid=6872362



オランダの製品。なかなかにスタイリッシュでしょう。トリセツは7カ国語。但し日本語の表記はありません。

買ってから知ったこと。チェスでは「持ち時間○○、切れたら△△」というルールはポピュラーではないんですね。本品もそうした設定は不可(*注)。チェス特有のオプション(フィッシャーモードなど)には対応しているようです。

うーむ、残念。それでも、指し切りや秒読みはOK。サロンでは「30分切れ負け」か「初手から30秒」で指しましょう!

例の「青色」は、実にすぐれた商品であることが分かった。今さら他社が新規参入するまでもないのかな。けれど、この自由経済の下、1社独占というのもどうなんでしょうね。

(*注)私が買った後に発売された下の時計には搭載されているようだ

Professional Digital Clock - チェスの通販なら専門店のCheckmate Japan
http://checkmate-japan.com/?pid=90277066

スナップショット

(図は△3二同玉まで)


これは大詰め。詰むや詰まざるやですね。

▲2四桂から迫りましたが、△4一玉▲6三角△5二歩以下わずかに届かず。図の前は何かあったかもしれません。ともあれ熱のこもる一戦でした。

(手合係は見た 目次はこちら
 

手合係は見た【24】

2015.05.25 Monday
 

【24】駒作り体験

もしもいくらかの時間とスキルがあったら。自分の思い通りの将棋駒を作ってみたいと妄想することがある。どんな素材で、どんな工程で作ろうか。あれこれ考えるのも楽しみの一つでしょう。

まずは通常の駒作りがどのようなものなのかを知っておきたい。駒作り体験の教室(下記)を受講しました。

3/22(日) 駒作り体験教室 | 株式会社ねこまど
http://nekomadoblog.jugem.jp/?eid=987

受講者は10名ほど。皆初心者のようだ。いきなり彫り駒に取り掛かる。市販の一字駒(書き駒)をなぞり、彫っていきます。

彫刻刀を握るのは、中学の美術の時間以来だろうか。何しろ刃にうまく力が伝わらない。手元がよく見えない(老眼)。手の平がやたらと汗ばむ・・・。だめだこりゃ。

他の受講者はすんなりとこなしているよう。人には向き不向きというものがあるんですね。恐れ入りました。

それでも、字母紙を貼る。彫る。字母紙をはがす(ヤスリで削る)。目止めをする(ボンドを水で薄めたものを筆で塗る)。漆を入れる(アクリル絵の具などを塗る)・・・。一通りの手順は確認できました。

とにかく、実に根気のいる仕事です。歩だけでも18枚、表裏ありますからね。貴重な経験ができました。まあ二度とやろうとは思いませんけど(笑)。

そしてもう二度と、将棋駒が高いと愚痴ることもないでしょう。

スナップショット

(図は△7六飛まで)


級位者同士の一戦。「こちらの手番ですか。さあ、どこに手が行くかな。見物ですね〜」

▲6二金と指し掛けて引っ込める。「急所はどこか。急所をついて下さいね」

少考の後、▲8四歩が指されました。スバラシイ! 以下△7三歩▲8三歩成△7四飛▲8二と△同玉▲9五桂と、多少ヨレながらも先手が寄せ切りました。お見事。
 

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

サロンの概要

受講者随時募集

女性・初級者歓迎
見学もお気軽に


師範
佐伯昌優(さえき・よしまさ)九段
指導員 遠藤三郎アマ六段

会場
フジサワ名店ビル 7階Bホール
JR・小田急藤沢駅南口2分

日時
第2・第4木曜日 13時〜17時

料金
入会金 2,000円
月謝 3,000円

対象
一般(年齢・性別・棋力は問いません。実力に応じて指導します)

内容
大盤で解説/指導対局もいたします/自由対局

備考
現在、30〜80歳代の男女半々の20数名の方々が、初心者〜有段者まで、棋力に合った楽しみ方をしています。(サロンの様子はこちら

お問い合わせ
E-mail s9ss@hotmail.co.jp
TEL 0466-82-9317

カテゴリ

表示されている記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

管理人おすすめサイト

新着コメント【承認制】

電脳班プロフィール

その他

モバイル

qrcode

広告